Close

Fade Out

When we no longer have need of something and cease paying attention to it, it diminishes in our active awareness. In time, it may become invisible though still present, transparent to the point of vanishing while in clear view of anyone who takes the time to look for it. This is the current status of payphones in Japan.

 

With smartphones in the pockets of most Japanese, and simpler cellular phones in the possession of the remainder, payphones are vestigial organs of the urban organism, immobile tools of communication left over from the time before telephones grew legs and began to walk around in large numbers. Even so, there are a surprising number of payphones still here, the apparent number ballooning wildly once you start paying attention to and looking for them. Unlike in other places with residual payphones, these mostly still work, though it’s unclear how often they actually get used. 

 

This is an ongoing project.

私たちが何かを必要としなくなりそれに目を向けなくなると、それは私たちの意識の中から消えていきます。 存在しているにも関わらず、やがて目に留まらなくなるかもしれません。姿を消していくと同時にそれを探したいと思えば見つけることもできます。 これが日本の公衆電話の現状です。

 

多くの日本人がポケットにスマートフォンやガラケーを持っている中で、公衆電話は都市部の退化した臓器であり、人々が電話を持ち歩けるようになる前に使われていた持ち運びできないコミュニケーションツールの残骸です。 それでも、驚くべき数の公衆電話がまだ存在しています。あなたが注意を払って探し始めれば、目に見える公衆電話の数は大きく増えます。公衆電話が残っている他の国とは異なり、これらのほとんどは使用することができますが、どのくらいの頻度で実際に使用されるかは不明です。

 

これは進行中のプロジェクトです。